ニュース

ライフネット生命保険、コンタクトセンターに「VisualMenu」を導入 ビジュアルIVRを活用し、スマートフォン上で最適なサービスメニューを視覚的にご案内

2019/02/01
株式会社KDDIエボルバ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:中澤雅己、以下 KDDIエボルバ)は、ライフネット生命保険株式会社外部サイト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:森亮介、以下 ライフネット生命保険)のコンタクトセンターに、スマートフォンの画面上でお客さまに最適なサービスメニューをご案内するビジュアルIVR「VisualMenuTM(ビジュアルメニュー)」を導入し、2019年2月1日よりサービス提供を開始いたしました。

本サービスは、コンタクトセンターにお電話でご相談・お問合せいただくお客さまのスマートフォン画面上に、視覚的にサービスメニューをご案内するサポートサービスです。お客さまが音声自動ガイダンスに従って本サービスを選択すると、SMS(ショートメッセージサービス)で専用URLが送信されます。そのURLをタップして、スマートフォン画面上に表示されるサービスメニューからご希望のサービスを簡単に利用いただくことができます。

<サービス利用イメージ図>



<主なサービス>

サービスメニュー画面には、お問合せが多い「よくあるご質問(FAQ)」や、「ご契約者さま向け各種お手続き」を掲載しており、お客さまのお問合せをスマートフォン上で迅速に解決することができます。

また、より詳細なご相談を希望するお客さまには、「LINE でお問い合わせ」※1を選択することで、オペレータにチャットで問合せることも可能です。さらに、「コンタクトセンターの混雑状況の確認」や、コンタクトセンターの営業時間外には「折り返し電話の予約」を利用いただけます。



「まずは自分で情報収集したい」「電話で詳しく相談をしたい」など、お客さまのペースでご検討や、お手続きを進めるための最適なツールを素早く選べる本サービスを通じ、ライフネット生命保険のお客さま利便性に寄与するものと考えます。

KDDIエボルバは、今後も、従来のコールセンターサービスに加え、真のCXを高めるオムニチャネルソリューションをいち早く提供し、クライアント企業様とお客さまのスマートフォンを中心としたお客さま体験価値の提供を実現してまいります。

以 上


ビジュアルIVR 「VisualMenu」 for touching™について

お問合せチャネルを集約したプラットフォームのビジュアルIVR「VisualMenu」は、以下の特長があり、自動音声ガイダンスの待ち時間に対する不満の解消とともに、セルフサービスによる利便性向上と、コンタクトセンター入電数の削減を実現します。
・スマートフォン用アプリのインストール不要
・企業とお客さまをつなぐお問合せチャネルにスマートフォンから簡単アクセス
・コンタクトセンターの通話待ち時間表示、折返し電話予約機能実装
( URL:https://www.bpo.k-evolva.com/service/omnichannel/v-menu/v-menu/


◎注釈
※1. ライフネット生命保険 LINE公式アカウント https://www.lifenet-seimei.co.jp/sph/line/

◎商標
・「for touchingTM」「VisualMenuTM」は、KDDIエボルバが商標出願しており、今後登録予定です。
・その他本リリース本文中の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。


お問合せ

◎法人のお客さまお問合せ窓口
重要なお知らせ
2018/8/1にオムニチャネルソリューションのシリーズ名称「for touching」をリリースし、一部のサービス名称をリニューアルしました。(詳細はこちらから)
過去のニュース一覧

PAGETOP