ニュース

【セミナー開催】2017年3月17日(金)働き方改革を実践 「働く」を変える初めの一歩

2017/02/13

KDDIエボルバ主催 働き方改革実践セミナー 働くを変える初めの一歩
 KDDIエボルバ主催の働き方改革実践セミナーを、2017年3月17日(金)に開催いたします。

 昨今、問題となっている長時間労働や育児・介護との両立など従来とは異なる労働環境が求められています。企業側としても、優秀な人材の確保、社員の定着率向上のため、労働環境の改善・対策を講じることが喫緊の課題となってきております。今、業績を伸ばしている企業は、どのような働き方をしているのか。その働き方を支えているのは、どのような仕組みや制度なのか。本セミナーでは、実際に働き方改革を実践する企業の担当者や専門家など、さまざまな方々の講演を通じて考察を深めていきたいと考えております。
 働き方改革と聞くと何かと構えてしまうかもしれませんが、当社の取り組み紹介をはじめ、働き方改革を実現するための「初めの一歩」となりうる有効な施策や、ソリューションをご紹介いたします。

セミナー概要

  •  ・日 時:2017年3月17日(金)14:00 - 16:30(13:30受付開始)
  •  ・会 場:新宿ファーストウエストビル 3階会議室
  •  ・定 員:80名
  •  ・参加費:無料

  •  ・対 象:以下の部門長以上の方など

  •       カスタマー部門、コンタクトセンター(コールセンター)部門、マーケティング部門、経営企画部門、情報システム部門

  •  ・主 催:株式会社KDDIエボルバ
  •  ・申 込:※応募多数のため申込は締め切りました

当セミナーは、座席に限りがあるため、応募多数の場合は、抽選となる場合がございます。また、主催および協賛企業の競合と判断される企業様のお申込みにつきましてはご遠慮いただくことがございます。予めご了承ください。

セミナープログラム

※セミナーコンテンツは、当日、内容・講演者に変更が発生する場合がございます。予めご了承ください。

セミナー内容登壇者/パネラー
【基調講演】
企業が創る!未来の「働く」
メディアの立場で、働き方改革の多数の現場を見てきた浜田敬子氏が語る企業の働き方改革最新事例と、これからの働き方改革、企業のあり方とは?
株式会社朝日新聞社
総合プロデュース室
プロデューサー(元「AERA」編集長) 浜田 敬子 氏
【パネルディスカッション】
未来の「働く」をクリエイトする事例紹介
社員の仕事、どう減らす?

働き方改革をしなければならないけれど、具体的にどのように社員の仕事を減らせばよいのか?悩んでいる企業が多く存在します。
テレワーク、アウトソーシング、ZIPワーク...働き方改革を、多様な人材の活用やクリエイティブなアプローチで推進している企業の事例をご紹介します。

2017年度より「働く」を変える初めの一歩につながる取組み事例とナレッジを共有します。
グーグル合同会社
グランドマーケティングマネージャー
兼 Women Will プロジェクトリード
山本 裕介 氏

株式会社新閃力
尾崎 えり子 氏

日本航空株式会社
調達本部 調達第一部 企画グループ
グループ長 埋金 洋介 氏

日本リクルートホールディングス
iction!推進事務局長
二葉 美智子 氏

Will Lab
代表 小安 美和 氏(モデレーター)
【働き方改革 × 多様な人材活用】
「ニア宅オフィス」事例
~働き方改革と多様な人財の活用を同時に実現~


ママが自宅近くで働ける「ニア宅オフィス」
BPO・アウトソーシングサービスによる多様な人財の活用と、社内働き方改革の実現実行までのプロセス
株式会社KDDIエボルバ × Will Lab
名刺交換会(登壇者、パネラー、ご来場の皆さまによる名刺交換会のお時間を設けております)

基調講演 朝日新聞社 (元「AERA」編集長)浜田 敬子 氏のご挨拶

 日本社会を覆う閉そく感のもっとも大きな要因は、なかなか変わらない「働き方」にあると思い、ずっと取材を続けてきました。働き方が多様になれば、個人の仕事観から人生観ひいては、日本社会を大きく変えることができると信じています。
 働き方改革で大きな役割を担うのが企業です。そして、柔軟で多様な働き方を実践できた企業自身もまた大きな変化を遂げられると思っています。

セミナー登壇者・パネラー プロフィール

KDDIエボルバ主催 働き方改革実践セミナー 働くを変える初めの一歩
  • 「働き方改革」の基本的な考え方とは?
     働き方改革の目指す姿は、「日本経済再生と日本国民が人生を豊かに生きる日々~中間層が厚みを増し、消費を押し上げ、心豊かな家庭を持つ~(厚生労働省法案より)」とされ、そのために、働き方改革を労働生産性を改善する最良の手段と位置づけ、「働く人の視点に立った、労働制度の抜本的な改革」や、「生産性向上の成果を労働者に分配し、成長と分配の好循環を構築」することが企業に求められています。
     しかし、残業時間の制限や、人事制度を見直しただけでは、働き方改革は成功しません。企業文化・風土、社内外の設備・インフラ環境、生産性向上に向けた業務改革に取り組む必要があり、このたびの「働き方改革実践セミナー」でご紹介しました企業を筆頭に、国内では多くの企業が試行錯誤をしながらさまざまな取り組みをしています。
  • KDDIエボルバが提供する「ニア宅」とは?
     「ニア宅」とは、ワーキングスペースに保育士常駐の託児スペースを併設したKDDIエボルバの職場環境です。子育て中のママの自宅近くに提供することで、「自宅近隣での自由な時間による就労」と「早期の社会復帰支援」を実現する事を目的とし、2017年度に開所いたしました。
     KDDIエボルバは、企業とお客さまを “つなぐ” AIチャットボットサービス」や、「LINE 連携ソリューション」をはじめとするオムニチャネルソリューションと、創業60年以上のコンタクトセンターやBPO 、マーケティングサービスを融合した「IT と ヒト」のハイブリット型オムニチャネル コンタクトセンターソリューション・サービスを提供しており、これらサービスの現場で、ママ達が活躍しています。

◎商標
・本ニュース本文中の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。

◎注釈
・「LINE連携ソリューション」とは、LINE の法人向けカスタマーサポートサービス「LINE カスタマーコネクト」を活用したKDDIエボルバのテキスト(AIチャットボット、有人チャット)と電話のハイブリッド型オムニチャネルソリューションです。
・「AIチャットボットサービス」とは、チャットボット専門チームがコミュニケーションプランニングからAIに学習させるデータの業務設計、システム提供、AIチューニング、チャネル対応の運用支援までワンストップで提供しているKDDIエボルバのオムニチャネルソリューションです。

お問合せ

過去のニュース一覧

法人のお客さま
お問合せ窓口

フリーダイヤル0120-926-7360120-926-736

受付時間:平日9:00~17:30

受付:平日9時~17時

PAGETOP