ロイヤルカスタマー

自社サービス・製品を購入いただいているカスタマーのうち、特に購入額や取引期間の長いカスタマーのことを言う。

一般にパレートの法則から2割のカスタマーが8割の売り上げを担っていると言われており、この2割のカスタマーをいかに創出し継続的な関係を保ちながら購入額を更に拡大するかが持続的な企業活動を図る上で重要な取り組みになる。

この取り組みをはかる上ではロイヤルカスタマーがどのような志向や行動特性を持ち、何をすれば持続的な関係を維持できるか、をキャッチアップすることが重要である。

このためにオムニチャネル戦略を通したコミュニケーションと統合的情報マネジメントをはかることによりニーズなどを捉えながらカスタマーごとに合った提案やプロモーションを行うことが求められている。

用語集TOP

PAGETOP