PDCAサイクル

Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)を繰り返し行うことによりビジネスや運用などの精度を高める手法。

Planにおいては目的に対する表層的な事実(定量化される事実が望ましい)などから仮説として考えられる問題点、および、その原因となる解決すべき要因・課題を特定し、その解決策を具体的にプランニングする。

DoにおいてはPlanにおいてプランニングされた解決策を実行し、Checkにおいてその実行状況から仮説の信憑性、解決策の有効性や改善点などを評価する。

この評価に基づきActionにおいて改善活動を繰り返すとともに、次のステップとして新たに顕在化した事実・問題点やこれまでの取り組みで解決しない事実・問題点に対しPlanから行うことにより、目的の達成に向けた取り組みを継続的に図ることがPDCAの取り組みを行う上では重要である。

用語集TOP

PAGETOP