クラウド(ASP/SaaS)

クラウド(コンピューティング)は自社でサーバやアプリケーションを所有せず、インターネットなどの通信網を介して、ベンダーが保有するサーバ・ストレージやアプリケーションなどをサービスとして利用する手法のことを指し、特に、アプリケーションやソフトウェアの提供はASP(Application Service Provider)、SaaS(Software as a Service)とも言われる。

一般に、自社でサーバやアプリケーションを保有する形態に比べて設計や導入のリードタイムやコスト、保守工数の削減や専門性の活用などさまざまなメリットがある。

2000年代から本格的に普及し、現在は一般的なコンピューティング手法として幅広いサービスが提供されている。

用語集TOP

PAGETOP