B to C

Business to Consumerの略であり、一般に法人(企業)が一般消費者(個人)向けに製品やサービスを提供する取引のことを指す。

「メーカー→販売会社(店舗・ポータルECサイトなど)→個人」のように個人に製品・サービスを提供するにあたり間に別の企業が入る場合はBtoBtoCと表現される。

企業と個人が直接のつながりを持つダイレクトマーケティングにおいては顧客属性に合わせたブランディング、ECやTVショッピングなどを通した直接取引などが行われることにより、企業は顧客情報を収集ことができることから、顧客情報やヒアリング、SNSへの書き込みなども含めた統合的な情報管理にによる分析を通して、商品開発やプロモーションなどの活動の精度を高めることが可能となる。

用語集TOP

PAGETOP